薄毛っていうか、まあハゲなんですけど・・・

僕は薄毛です。

前頭部の地肌がなんとなく見えるくらい薄毛になっていまいました。

薄毛って言うと、なんかまだまだ改善の余地があるというか、病気みたいというか、治りそうなイメージがあるというか、まあ、ぶっちゃけハゲです。

薄毛を「ハゲ」と認識しないと、認めないと治るものも治らないですよね。

そういう意味で薄毛を「ハゲ」と認識した上で、薄毛と向き合っていこうと思っています。

薄毛とハゲは違うと思う

僕の中では薄毛とハゲって違うものなんですよね。

いやね、そのままなら放っておけばどっちにしてもハゲるんですけど。

薄毛は「髪の毛が細くなった状態」

髪の毛自体は生えてくるんだけど、生えてきた髪の毛が太くならずに、細い産毛のまま抜けてしまうこと。髪の毛の本数は変わってないのに、薄くなるから「薄毛」

一方ハゲは「髪の毛が生えなくなった状態」

薄毛とは違うので、髪の毛自体が生えてきません。発毛がなくなれば当然頭の髪の毛は少なくなっていって、いわゆるハゲになっていきます。

で、薄毛の状態なら、まだまだいろいろな改善方法があると考えています。

生活習慣が大きい薄毛の原因

調べたところ、髪の毛が細くなる「薄毛」は生活習慣が大きく関係しているそうです。

暴飲暴食
脂っぽい食事
睡眠不足
ストレス

考えてみると、ここ数年生活習慣の乱れが一気にきました。

会社で重要なポジションについてから、残業が一気に増えて食生活が乱れ、睡眠時間が削られました。責任のある立場なのでプレッシャーもあるし、なにより規則正しい生活を送ってないですよね。

不摂生で当然体にも変化が出てきて、1年間で10キロも太ってしまいました。人間太る時ってあっという間ですね・・・

そんな不摂生を続けているのだから薄毛になっても当たり前だったのかもしれません。

できることから取り組んで薄毛を治す

できるところから取り組んで薄毛を治そうと思います。

髪の毛自体は生えているのだから、細い髪の毛を太くすればいいんです。

まずは薄毛と向き合って、改善方法を試してみること。

薄毛を放っておいてハゲになったら手遅れだし、何よりカッコ悪い。

絶対に治してみせるぞ!薄毛!