月別アーカイブ: 2015年5月

世の薄毛の男性よ!現実を直視しろ!

僕は薄毛だ!異論は認めない!

自分自身で薄毛だと認めている。何事も現実を受け入れて認めたところから始まりがあると思っている。

現実を見ないで目を背けてばかりだと前進はありません。放っておいて逃げてばかりだと後退していくだけです。そう、薄毛が。

まずは認めよう!自分が薄毛だと

世の薄毛の男性諸君。まずは自分の薄毛を認めよう。

その薄毛はカッコ悪いし、周りはみんな気づいている。

うまく髪型で隠したり帽子をかぶってごまかしているつもりかもしれないけど、周りにはバレバレだ。むしろ隠している方が見苦しい。

どうどうと薄毛を公開しなさい。

そして堂々と薄毛対策に取り組もう。

自分自分が薄毛に立ち向かう!絶対に治る!と思わなければ治る薄毛も治らない。

ごにょごにょとごまかし続けていれば、薄毛はどんどん進行する。

髪の毛が薄いうちならまだまだ手はある。放っておいて本格的にハゲてしまっては元も子もない。薄毛には早め早めの対策が絶対に必要だ。

一緒に薄毛対策をしよう!

僕は自分の薄毛を認めている。薄くてカッコ悪い髪の毛だ。

先日、それを認めてからというもの、薄毛対策を徹底している。

育毛シャンプー、育毛剤、育毛サプリメント。

市販のシャンプーなどから比べれば育毛シャンプーは高いし、育毛剤も育毛サプリメントもバカにならない。

でもそれで薄毛が治るならそれでいい。

このまま薄毛が進んでいって、病院に通ったり、増毛、植毛をする事態になった方がよりお金がかかってしまう。

もちろん、育毛シャンプーや育毛剤を使ったところで薄毛が治らないかもしれない。

でも何もやらずにごまかしつづけるより、いまの現状を認めて正々堂々立ち向かう方が男らしくないか?薄毛が治る気がしないか?

僕はそう思いながら薄毛対策をしている。

生活習慣だって気をつけるし、タバコだったやめた。

睡眠時間もできるだけ規則正しくなるように注意している。

全ては髪の毛のため。薄毛やハゲに負けてたまるか。

薄毛男性のみんな。僕と一緒に薄毛と戦おう。

気持ちの面で負けてしまっては治るものも治らない。

病は気からとよく言うが、薄毛だって同じだ。

絶対に髪は太くなる!絶対に髪の毛を増やしてやる!

そういう気概をもって薄毛に立ち向かっていこう!

世の薄毛の男性よ!現実を直視しろ!

薄毛っていうか、まあハゲなんですけど・・・

僕は薄毛です。

前頭部の地肌がなんとなく見えるくらい薄毛になっていまいました。

薄毛って言うと、なんかまだまだ改善の余地があるというか、病気みたいというか、治りそうなイメージがあるというか、まあ、ぶっちゃけハゲです。

薄毛を「ハゲ」と認識しないと、認めないと治るものも治らないですよね。

そういう意味で薄毛を「ハゲ」と認識した上で、薄毛と向き合っていこうと思っています。

薄毛とハゲは違うと思う

僕の中では薄毛とハゲって違うものなんですよね。

いやね、そのままなら放っておけばどっちにしてもハゲるんですけど。

薄毛は「髪の毛が細くなった状態」

髪の毛自体は生えてくるんだけど、生えてきた髪の毛が太くならずに、細い産毛のまま抜けてしまうこと。髪の毛の本数は変わってないのに、薄くなるから「薄毛」

一方ハゲは「髪の毛が生えなくなった状態」

薄毛とは違うので、髪の毛自体が生えてきません。発毛がなくなれば当然頭の髪の毛は少なくなっていって、いわゆるハゲになっていきます。

で、薄毛の状態なら、まだまだいろいろな改善方法があると考えています。

生活習慣が大きい薄毛の原因

調べたところ、髪の毛が細くなる「薄毛」は生活習慣が大きく関係しているそうです。

暴飲暴食
脂っぽい食事
睡眠不足
ストレス

考えてみると、ここ数年生活習慣の乱れが一気にきました。

会社で重要なポジションについてから、残業が一気に増えて食生活が乱れ、睡眠時間が削られました。責任のある立場なのでプレッシャーもあるし、なにより規則正しい生活を送ってないですよね。

不摂生で当然体にも変化が出てきて、1年間で10キロも太ってしまいました。人間太る時ってあっという間ですね・・・

そんな不摂生を続けているのだから薄毛になっても当たり前だったのかもしれません。

できることから取り組んで薄毛を治す

できるところから取り組んで薄毛を治そうと思います。

髪の毛自体は生えているのだから、細い髪の毛を太くすればいいんです。

まずは薄毛と向き合って、改善方法を試してみること。

薄毛を放っておいてハゲになったら手遅れだし、何よりカッコ悪い。

絶対に治してみせるぞ!薄毛!