5年後10年後をイメージした薄毛対策を!

あれ?生え際が後退してきた?

おや?頭皮が目立つようになったかな?

薄毛やハゲになる男性のほとんどが曖昧な自覚症状から始まります。

でも、薄毛やハゲは徐々に進行していくものなので、自分ではハッキリと気づきにくいものです。なんとなく薄毛かな?と思っても気のせいかもしれない、と終わることが多いです。

で、久しぶりに合った友人や知人にこう言われて初めて気づきます。

「髪の毛ちょっと薄くなった?」

薄毛を指摘されることの方が幸せ

薄毛を指摘されることの方が恵まれているかもしれません。

大体の人が、他人の髪の毛のことには触れてきません。仲の良い友人関係でさえ友人が薄毛やハゲになったら触れにくいものです。

友人、知人に指摘されないとどうなるか?

そのまま薄毛やハゲが進行していって、いよいよ「やっぱり薄毛だ!」「やっぱりハゲてる!」とハッキリと自覚したときには手遅れになっている場合もあります。

薄毛やハゲを早期発見するためにはどうしたらいいのでしょうか?

30歳を過ぎたら薄毛やハゲになると思うこと

遺伝的なハゲやすいハゲにくいは関係ありません。

見た目が全然大丈夫でも関係ありません。

30歳を過ぎたら自分も薄毛やハゲになると思うことが重要です。

見た目が変わってないのに?フサフサなのに?と思うかもしれません。

ですが、先ほども言ったように、自分ではなかなか気づかないのが薄毛やハゲの質の悪いところです。まだフサフサだから大丈夫と思っていても実際は薄毛が進行している場合だってあります。

自分で危機感を持って自覚できないところが、薄毛やハゲが進行する最大の要因です。

だったら、30歳を過ぎた男性なら誰でもハゲる、もちろん自分もハゲる。だから見た目の髪の毛がどうであろうと薄毛対策・ハゲ対策をする!とした方が合理的です。

薄毛対策・ハゲ対策は早過ぎることはない

薄毛対策・ハゲ対策は大きく以下の2つになります。

・食事や睡眠など生活習慣を改善する
・育毛剤や育毛シャンプーで髪の毛をケアする

生活習慣の改善は髪の毛だけではなく、健康的な体を維持するためにも重要なことです。いつから始めてもいつやってもダメなことはありません。積極的に改善しましょう。

また、育毛剤や育毛シャンプーも早過ぎることはありません。

育毛剤や育毛シャンプーは薬ではありません。

頭痛薬のように、頭が痛くなってないのに頭痛薬を服用することはあまり良くありません。体が慣れてしまうし頭痛薬には少なからず副作用もあります。

ですが、育毛剤や育毛シャンプーは頭皮や髪の毛をケアするものです。

頭皮や髪の毛を健康的に保つためのもので、悪くなったから治療する治療薬ではありません。

薄毛やハゲの症状がなくても、積極的に使うべきです。

育毛剤や育毛シャンプーを使うことで、薄毛予防・ハゲ予防にもなります。

もちろん実際に薄毛になったり、ハゲになってきてから使っても効果を発揮します。ですが、普通の人が育毛剤や育毛シャンプーを使うと逆にハゲるなんてことは絶対にありません。頭皮ケアの効果で髪の毛もより一層生き生きと生えるようになるはずです。

最近の育毛剤や育毛シャンプーは、性能や効能が良いものばかりです。

薄毛に効く人気の育毛剤サイトなどを参考にして、自分に合った育毛剤や育毛シャンプーを選んで使ってみましょう。

早め早めの対策が薄毛やハゲには重要です。

自分に自覚症状があってもなくても、頭皮のことを考えて頭皮ケアに努めることは、5年後10年後の自分の髪の毛の状態に大きな差となって現れるはずですよ。